End of the Eternal

はい、と言うわけでアンインストールしました。

以前に記事として取り上げた内容が新パックが来ても修正されておらず、開発のレスポンスの遅さからモチベーションを保てなくなり、やめることにしました。

デジタル TCG の良さは問題があったりした場合に紙のカードと比べて修正が簡単な事が一番のメリットだと思うのですが、Dire Wolf は常に腰が重く、修正内容も的を射ていないため、開発力の低さに常々辟易していました。

reddit などでユーザーの意見は活発に日々議論されているものの開発は一向に汲み取る気配をみせないため、コミュニティの力を無視していると私は認識しました。(ちなみに「開発者だけどなんか質問ある?」みたいなやり取りもしていましたが、いまいち要領を得ずユーザー側はあまり満足のいく会話にならなかった事も記憶に新しいです。)

B 級ゲームならではの良さがあった本作ですが、長期にわたり問題があるカードの調整が全く行われないことと大会で使用されるデッキが長い間ずっと変わっていないことから環境が硬直しており、ゲーム性に未来を感じなくなりました。

そのため、アンインストールしました。

個人的にはオススメできないゲームの一つと言う所は変わっていません。

最後に Eternal Card Game らしい 1 枚で締めくくりたいと思います。


End of the Eternal” への2件のコメント

  1. こんにちは。
    数少ないEternal Card Gameの情報がなくなるのは残念です。
    今までのEternalの記事はとても参考になりました。
    ありがとうございました。

    私のほうは低ランクで遊んでいる程度なので、頻繁にLegendaryが出される状況はありませんが、過疎化してきたら辞めると思います。(^^;

  2. こんにちは。キャップさん

    参考になったのであれば幸いです。
    この手の対戦ゲームの宿命かランクマッチが無いとコンテンツとして成り立たないんですよね…
    たしかに、ランク上げを意識しなければ色んなデッキと当たるので結構良いゲームだと思いますよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)