クリベッジ戦略

せっかくなので、翻訳してみた。多少誤訳はあると思う。

元ネタ:http://cribbagecorner.com/strategy

* クリベッジの基本戦略 *
– 5 か 10(J,Q,K) でリードしてはなりません。そうしたならば、相手に 15 のチャンスを与えてしまいます。
– プレイの間シークエンス(ラン)を作るために相手を誘導するようにしてください。例えば、7 でリードした場合、相手は 15 のために 8 をプレイする事が出来ます。その場合、3 のシークエンス(ラン)のために 9 をプレイする事が出来ます。
– 手持ちのペアでリードすることは往々にして良いアイディアです。相手がカードを合わせてきた(ペアによる2点)場合、手札の残りのカードをプレイする事で、ペアロイヤル(6点)をスコアに加算できます。
– あなたがディーラーの場合、良いカードをクリブに入れるべきです。例えば、ペア、2枚続きのシークエンス、5 などです。
– 相手がディーラーの場合は、低い数字のカードを捨てるべきです。5 や 10(J,Q,K) など、いずれかのカードで簡単に 15 を作らせることを避ける様にしてください。
– ゲーム終了に近づいているときは、低い数字のカードを手札として、捨てない様にしてください。”Go” による得点を得る機会がより多くあるためです。

* 捨て札に関する戦略 *
クリベッジのルールや戦略で捨て札はクリベッジの技術が要求されるキーとなる要素の1つです。手札の役が最大の得点となるように残さなくてはなりません、プレイによる様々な戦術的な状況でプレイするために使いやすいカードを残さなければなりません、そして、クリブで相手のカードを助ける様な捨て札をしてはなりません。自分のクリブへ捨てる場合は、相手が捨てる確率の高い種類のカードを予想して捨て札を決めるべきです。そうした場合、捨て札は良く機能して、クリブで大きな得点を得られることでしょう。
+ クリベッジ 捨て札のヒント +
クリベッジでの捨て札を行うにあたってのいくつかの簡単なヒントを紹介します。
– 相手のクリブへは 5 を捨てない様にしてください。相手が 10(J,Q,K) を捨てた場合、あなたの 5 がスコアを与えてしまいます。相手が 5 を捨てた場合、あなたの 5 とペアになってしまいます。
– 相手にペア、15(9-6,8-7)、5(3-2,4-1) を作らせる事を避ける様にしてください。これらはスコアになる可能性が高いです。とくに 7-8 の組合せは、5 や 9 と組み合わさった時に特に悪い状況になります。
– シークエンスのカードを捨てない様にしてください。特に10(J,Q,K)のカードです。あなたが 10-J で捨てたときに、相手が Q-K の場合は、かなり相手に得点を与えてしまいます。
– 自分のクリブへの捨て札は、 相手が捨てるカードはどんなカードでも良く機能する様なカードを捨ててください。5 は明らかに良い選択です。10(J,Q,K)のカードは、あなたのクリブに 5 があれば良く機能します。
– 次に良い価値の捨て札カードは 3 です。相手が2を含む低い数字のカードを捨てた場合に、得点源となりやすいです。

+ 最大手役のために捨て札をすべきですか? +
自分のクリブによる得点を増やすことや相手のクリブによる得点を減らすことよりも自分の手役が最大になる様に捨て札を選択することが一般的なクリベッジの格言です。多くの場合、これは堅実な方法です。しかし、全ての経験則の様に、それが全て闇雲に適用されなければならないということはありません。
例を見てみましょう。手札は、4-5-6-Q-Q-K です。5 と絵札を保持するか、4-5-6 を保持するかを選択出来ます。最初の場合は 8 点を取る事が出来ますが、二番目の選択は 7 点にしかなりません。スターターを含めた場合は、シークエンスで平均 10.15 点、5 枚手札の場合は 9.91 点にしかなりません。(# ちょっと怪しい訳)
スターターがどのように機能するかを忘れないでください。そして、あなたが関係する確率を把握する様にしてください。

+ 確率について +
クリベッジマスターの Michael Schell は、クリベッジの捨て札に関する戦略について詳細な情報を提供しています。全ての起こりうる捨て札の価値についての確率テーブルが、at the Cribbage Forum site で掲載されています。
http://www.cribbageforum.com/Discarding.htm

+ 捨て札の練習について +
あなたは、捨て札の技術の練習を行う事が出来ます。そして、経験豊かなクリベッジプレイヤーと自分の選択の比較を行う事も出来ます。
http://dailycribbagehand.org/

* リードに関する戦略 *
+ クリベッジにおける基本的なリードの戦略 +
– 良く分からない場合は、4 をリードしてください。これは、相手が最も高い数字のカードをプレイしたとしても即座に 15 が作れないからです。低い数字ならば、次の(あなたの)手番で良い状態になります。
– クリベッジのカードにおいて他のどれよりも最も多いカードは、10(J,Q,K) であることを思い出してください。その為、相手は一枚かそれ以上の 10(J,Q,K) のカードを持っていることがありそうです。従って、5 でリードしないでください、あるいは、21 を作らない様にしてください。当然、10(J,Q,K) は良く 5 がセットの手札となります。26 を作るときは注意が必要です。
– 反対に、相手へのフォローを行うために 10(J,Q,K) のカードが必要にはなりますが、11 を作ることは一般に良い手です。
+ 5 でリードする場合 +
トップクリベッジプレイヤーの Bob Milk は、以下のフォローを行う状況であれば、5 でリードすることは良いクリベッジの戦略であると書いています。
私は、5 と三枚の 10(J,Q,K) のカードが手札で、保持しているカードだけでなく勝つためにもう一点必要です。例えば、私は 5-10-10-J と手役で得点を生み出さない適当なスターターがあります。私は、8 点で困っています。私は 9 点必要で、相手は 4 点かそれ以上の点が必要です。(相手は、117 点かそれ以下の位置にいます。) 5 をリードします。多くのカードの中から、5 をリードした場合、少なくとも一回は Go が取れるでしょう。また、あなたは次のリードでペアが完成するかもしれません。ただ、Go を取るためには他にほんの少しの組合せがあります。
相手が防御的なプレイを行っているときは、ペアが作られる可能性は低いので 5 をリードしてください。しかし、その場合相手は 10 を良くプレイ(2 点のためにペアを作られます)するでしょう。他のどのゲームと同様に、リードの選択は相手の採用した戦略に全て依存します。

* リードに応える場合の戦略 *
クリベッジの手札では少しのカードしかプレイされないので、お互いのプレイにおける戦略は重要です。リードの対応に関する選択は、重要です。
– リードの 4 に 6 をプレイしないでください。逆も同じです。このリードを行った場合は、相手が 5 をプレイした時にヤバいことになります。(4-6-5 のシークエンス、15)
相手のためにシークエンス(ラン)の準備を行ったことになりクリベッジの戦略では一般的にミスになります。あなたの頭の中に別の計画が無い場合に限りますが…
– 31 に近づくときは何とかしないといけません。1 を保持してください。これは緊急脱出手段になり、得点も得る事が出来ます。
– あなたが別の同じカードを持っていない限りは、相手のカードのペアは作らないでください。例えば、相手が 4 をプレイしました。4 を一枚しかない場合は、4 で対応するべきではないです。なぜなら、相手が 4 を持っている可能性があるからです。(そうなった場合、ペアロイヤルで 6 点も与えてしまいます。) 反対に、あなたが二枚組でカードを持っているならペアを作ることを推奨します。相手がダブルペアロイヤル(12 点)を作る機会はすごく低いからです。
– 二枚を組み合わせて 5 になるカードがある場合は、そのうちの一枚でリードしてください。相手が 10 をプレイした場合は、15 を作れます。
# 訳注:自分がリードの場合ですね。
– シークエンスに注意してください。相手のリードから 1 か 2 以内の数字のカードをプレイしないでください。例えば、7 リードで 9 をプレイするなどです。その場合、相手はシークエンス(ラン)を作るでしょう。例外は勿論あります。さらなるシークエンス(ラン)を作るために必要なカードを持っている場合です。しかし、31 を越えない様に “バランス” に注意してください。つまり、31 を越えない様にシークエンス(ラン)がプレイ可能かを前もって計算しておいてください。

* 早い内に 5 をプレイする *
5 が手札にあるなら、相手の罠にかからない様に早い内にプレイしてください。例えば、あなたは 5-J-Q-K が手札で相手が 3-6-7-8 の場合、プレイはこのように進行するでしょう。 あなたは適当な 10 値のカードでリードします。相手は、8 で応答します。あなたは、他の適当な 10 の値のカードをプレイします。相手は、3 をプレイし 31 になりました。あなたは、適当な 10 の値のカードでリードします。相手は、6 をプレイします。結果として、10-6-5-7 となり 3 のシークエンスと Go が相手の得点になりました。これは、避けられたであろう 6 点の罠になります。
この規則を守ってください:相手が 5 を持っていない(10 に対してプレイしなかったり、 5 のペアを作らなかった)なら、あなたは安全に 5 でリードできます。

* 定石 *
これはよく知られた作戦で、しばしばプレイ中に起こります。一般的な手札である 5-x-x-x の手札の時に最も悪く作用します。手札が 4-6-6-x であるとしましょう、相手は 5 と 10(J,Q,K) のカードを何枚か持っています。6 でリードします。ディラーは6-5-4 のシークエンス(ラン)のリスクがあるので 5 で対応してくるほど愚かではないです。そのため、相手は 10 で応じ、16 になります。あなたは 6 で応じ、22 になりました。ディーラーは 5 だけがプレイ可能です。あなたは 4 で終わらせました。6-5-4 のシークエンス(ラン)と 31 が得点となり 5 点となりました。

* Ace 一枚持ちについて *
クリベッジの戦略専門家であり、トーナメント・チャンピオン Mike Burns は罠にかからない様に可能な限り早く Ace 一枚持ちをなんとかするように勧めます。他方、10(J,Q,K) のカードは最も一般的で Ace はとても貴重です。そして、30 は、良くカウントされます。

* 魔法の 11 *
10 のカード(全ての 10 としてカウントするカードです)は、ゲーム中最も一般的なカードです。そして、これはあなたの戦略に影響を及ぼします。合計して11となる二枚、三枚の組合せを手札とするとき、追加得点をもたらすでしょう。例えば、あなたは 6-5 を持ちます、あなたは以下の様なプレイをしたとします。
相手:Q(10)
あなた:5(15 – 2 点)
相手:J(25)
あなた:6(31)
この組合せは”魔法の 11″として知られています。そして、難しい捨て札に直面したときに役に立つガイドとなります。防御の時は特に 11 となる組合せのカードを手札としてください。

* J(ジャック) について *
J(ジャック) は 5 の次に手札とするカードです。J(ジャック) による追加点(ヒズ・ヒール)は、全ての 10(J,Q,K) のカードの中で最も良いカードとします。これを知った上で、J(ジャック)は、慎重で的確なタイミングでプレイしてください。あなたの J(ジャック) によるペアを相手に作らせることは望まないので、合計で 22 かそれ以上になるときにのみプレイを行う事を意味します。J(ジャック) で 21 を作成してしまうと、相手はペアと 31 で 4 点を与えてしまいます。例外は、あなたが二組の J(ジャック) を持つときです。この場合は、J(ジャック) は素晴らしいリードとなります。相手がペアを作ったときは、あなたはペアロイヤルの 6 点と Go の 1 点を獲得できます。

* クリベッジのヒント *
経験則として…
J(ジャック) を捨てるタイミングは、ペアを作るのを避けるために 22 かそれ以上になるときです。
J(ジャック) を二枚保持しているなら、それらで 6 点を得られるかも知れません。

* 対人戦について *
– 手を柔軟に変えてください。相手が初心者でない限り、これらはよく知られたクリベッジの戦略なため相手も良く知っている場合、あなたが分かりやすい(安易な)プレイを行うことを読まれてしまいます。これらの提案に従わないでください。時々変わった手でプレイしてください。少なくとも、相手が立ち止まって考えている場合は、あなたは何か作戦を考える必要があります。
– 反対に相手のクリベッジの戦略を調査してください。一連の型にはまった方法でプレイしていませんか? 相手はいつもペアの片方でリードしていませんか? 手札に 11 を作っていませんか? 同じ種類のカードをいつも捨て札にしていませんか? 相手が手を変えないならば、すぐに相手の型にはまったプレイに気付くでしょう。
– 相手がプレイしたカードについて考えてください。一般的には手札による得点を最大(15 やペアを手札にします)にしようとして捨て札を作ることを思い出してください。相手が 8 を置くなら 7 を持つ可能性があります。二枚目のカードで相手が残した残り二枚のカードと相手の手札の戦略のおおよそのアイディアが必要です。
– 相手は似た様なことを考えます! あなたが”変わった”(15 あるいはペアの一枚ではない)カードを持っているならば、それを始めにプレイするべきです。あなたの手の内のにおいをかき消しますし、相手は可能な限りあなたの手札がはっきりするまで勝負手を先延ばしにするでしょう。

* もっと多くの戦略 *
Cribbage strategy tips from gamecolony.com
Cribbage Strategy at everything2.com
George Rassmussen’s notes on crib strategy
Cribbage (strategy) at Wikipedia

* 癖を意識したプレイ *
(略…)

* あなたのクリベッジの戦略 *
メールかコメントをください!


クリベッジ戦略” への2件のコメント

  1. こんばんは。

    こちらの記事を拝読してますますクリベッジが好きになりました。
    早速、プリントアウトして予習します。
    明日、参加されるゲーム会でクリベッジを立てられる時は是非、お声掛けて下さい。

    明日は自身初のオリジナルゲーム(15〜20分:2〜4人)を主催者の許可を得ましたので、持ち込む予定です。
    もし、時間がありましたらご一緒に遊んで頂けると幸いです。

  2. こんばんは。今日はどうもありがとうございました。
    一緒にクリベッジがプレイ出来て良かったです。
    そして、楽しかったです。きちんと駆け引きがありましたし、接戦でしたし、良いゲームだったと思います。

    オリジナルゲームは、4人で遊ばせて頂きましたが、まずまずの出来ではないでしょうか?
    ある程度繰り返しプレイしないと、分からない部分が多かったです。
    コマ? 同士がぶつかった時と選択アクションの解決の一覧表があると良かったかも知れませんね。
    #欲を言うと、文字だけでなく絵を使った感じのヤツで。(笑
    一部複雑な解決があるので、一度聞いただけでは混乱を招く部分があったのでは? となんとなく思いました。

    次回は、『ミドルキングダム』を持っていきますね。
    4人でプレイしたいです。それ以外は、かなりしょっぱい感じになってしまうと思いますので…

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)